01

保護犬と「共に暮らす。」

広島県府中市の“ゆいまーる”はペット共生型グループホームです。

 “ゆいまーる”は障がい者の方々が保護犬などの動物と一緒に暮らすことで
生活の質が高められる「場所」づくりをするとともに、
殺処分される犬や猫を一頭でも減らすことを目指しています。

02
ペットと一緒に暮らせる<br />障がい者グループホーム

ペットと一緒に暮らせる
障がい者グループホーム

 広島県府中市の“ゆいまーる”では、ペット好きな入居者との暮らしを楽しめます。 

安心して過ごせるよう、生活面でご不安な点はスタッフがサポートいたします。

グループホームとは、障がいを持った方たちが、
日常生活の上の介護や支援を受けながら共同生活を営む住居を指します。
一定の介護があれば自立した生活ができる方を入居対象としています。
施設や病院から地域の暮らしへ移行したい人、親元から離れ自立を目指す人、就労者、就労希望者などが利用されています。

03
生活をサポートするお仕事

生活をサポートするお仕事

近年、障がい者に特化したグループホームが少しずつ増えてきました。
”ゆいまーる”ではそこに、医療の現場でも注目されつつある「アニマルセラピー」を取り入れ、
保護犬活動と障がい者支援という、社会が抱える2つの課題に向き合っています。



04
ペット共生型だからこその3つの魅力

ペット共生型だからこその3つの魅力

精神的な癒しの効果 
損得の駆け引きのない絶対的な愛情。
自分を必要としてくれる存在。動物と触れ合うことで心を癒す「アニマルセラピー」は、
医療の現場でも注目されつつあります。
レクリエーション的に実施する施設はありますが、私たちのグループホームは、
さらに一歩進んで“ペットとの共生”を標榜しています。 

コミュニケーション効果
ペットと暮らしたことがある人なら、落ち込んでいる時に寄り添ってくれたという経験を持っている方も多いのではないでしょうか。
慰めるようにやさしく手をなめるワンちゃん、ネコちゃん。
ふと口に出る「ありがとうね」の一言。
互いが相手を思いやる気持ちを感じることができます。 

健康促進の効果
 通勤通学の前、帰宅後の夕食までの時間。
一緒に暮らすワンちゃんやネコちゃんと遊んだり、
一緒に散歩に出かけたりしてみましょう。
ペットと暮らすということは、規則正しい生活リズムと適度な運動を自然と取り入れることになるのです。

News

新着情報

ホームページ開設いたしました

2022/01/20

ホームページ開設いたしました

FAQ

よくある質問

入居対象者は?

「精神障がい者」「知的障がい者」「発達障がい者」「難病の方」など。
入居者される方の大半は一般企業や就労支援事業所で働いています。

入居者年齢は?

18歳~64歳まで。
※64歳までに入居した場合、65歳以降も継続居住可能。
※15歳から入居できる特例ケースあり。

体験入居はできますか?